チラシ

暮らしの広場 2017年3月号

急な来客でも余裕のあるおもてなし

わが家はいつもスッキリとした玄関に

 

【3月15日は靴の記念日】

日本の靴文化の中で、主に洋式の靴が履かれるようになったのは江戸時代の終わり頃から明治時代の初めの頃だそうです。

輸入品の靴は大きて日本人の足にあわず、明治3年3月15日に東京築地に初めて西洋靴の工場ができて製造が始まりました。

この靴工場の設立日である3月15日が『靴の記念日』と制定されたそうです。

 

靴はもちろん、いろいろなモノを収納し、美しく使いやすい玄関でお客様をお迎えしませんか。

20170225191922_00001
画像クリックで拡大します
ページトップへ戻る